在宅療養支援診療所の開院支援・経営・医療コンサルティングに特化した会社です。これまで培ってきたノウハウを基に”メディカルブレイン”しかできない開院支援・経営をお手伝いします。

進行がん患者が死を迎える場所は生存期間に影響するか?

  • HOME »
  • 進行がん患者が死を迎える場所は生存期間に影響するか?

進行がん患者が死を迎える場所は生存期間に影響するか?
~日本国内における多施設共同前向き研究による成果~

調査は2012年9月〜14年4月、専門的な緩和ケアを行う国内の58医療機関で、在宅や病棟で診療を受けた20歳以上の進行がんの患者計2069人を対象に分析した。全身状態や症状のデータに基づき、初回診察時の余命を専門的な評価手法で予測、余命が14日以下の日単位と15〜55日の週単位、56日以上の月単位の3グループに分けて、在宅と入院での生存期間を比較した。その結果、余命が日単位と見込まれた患者の平均生存期間は、自宅で13日だったのに対し、病院では9日、週単位の患者は自宅が36日、病院が29日と、自宅の方が長かった。月単位の患者では自宅は59日、病院は62日で、統計的には差がないとの結果だった。

 また、自宅で亡くなった患者は、亡くなる前の2〜3日間の点滴と、緩和ケアを開始してから3週間以内の抗生物質投与が、病院で亡くなった患者よりも少なかった。患者の体の負担になり得る医療行為が少なくても、余命は変わらなかったと考えられるという。

患者様

 

 

 

 

 

 

<筑波大学>

https://www.tsukuba.ac.jp/attention-research/p201604011330.html

<ハザードラボ>

http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/3/13355.html

<産経新聞>

http://www.sankei.com/west/news/160407/wst1604070040-n1.html

 

進行がん患者が死を迎える場所は生存期間に影響するか? ~日本国内における多施設共同前向き研究による成果~のPDF書類はこちらから

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0463-72-8586 受付時間 9:00 - 17:00 (土・日・祝日除く)









年別アーカイブ

メディカルブレインも宣言しています!

PAGETOP
Copyright © クリニック開院支援: メディカルブレイン 医療コンサルティング All Rights Reserved.